ピカピカレインは洗車機OK?見切り発車すると傷だらけの結末が

ピカピカレインのガラスコーティング剤を施工したとはいえ、日常の水洗い洗車というものは必要です。

ガラスコーティング剤をした車に洗車機は大丈夫?って不安に感じるのは決して私だけではないはず…。

普段から洗車機を利用されている方や、時間がないけど洗車をしたい!って人にとって洗車機はかなり重宝しますよね。

  • コーティングが剥がれないか…
  • 車体に傷がつかないか…
  • 光沢や撥水機能は落ちないのか…

などなど不安要素がある中、実際に洗車機に通しても大丈夫なのかを解説します。

ゆーすけ
ここに書いてあることを知らずに洗車機に通してしまうと傷だらけになることも…

ピカピカレインは洗車機に通しても大丈夫?

まず結論から言いますと、洗車機のブラシの種類によって洗車可能なものとおすすめできない物があります。

洗車機には大きく分けて4種類の洗車ブラシがあります。

ブラシの種類
  • ナイロンブラシ
  • 布ブラシ
  • スポンジブラシ
  • ノンブラシ

これらのブラシを画像付きで解説していきたいと思います。

ナイロンブラシ

ナイロンブラシ

今ではあまり見かけないタイプのブラシになります。

ブラシ自体に耐久性がありますが、洗車傷が付きやすいこともありガラスコーティング施工された車にはおすすめできません。

この洗車機に入ると傷だらけの結末になる可能性があるので要注意です。

ゆーすけ
この洗車機は設備コストを抑えたい個人経営のスタンドで使われていることが多いよ。

布ブラシ

布ブラシ

この布ブラシは優しい素材でできている為、傷がつくことはないのでガラスコーティング車でも大丈夫です。

しかしナイロンブラシより汚れが落ちにくく、耐久性も低いことから徐々に減りつつあります。

スポンジブラシ

スポンジブラシ

こちらのスポンジブラシは今1番多く使われているタイプの物になります。

素材がスポンジなので、細かい箇所にもブラシが届きやすくなっており、汚れも落ちやすいです。

ブラシが付いている洗車機でしたら、このスポンジタイプが1番オススメです。

ノンブラシ

ガラスコーティング車に1番最適なのがこのノンブラシタイプの洗車機になります。

この洗車機はブラシが設置しておらず、高圧洗浄で汚れを落としてくれます。

そして乾燥機能も付いていますので、拭きあげも必要ないのが大きな特徴です。

洗車ブラシの比較とまとめ

おすすめ度 傷の有無 汚れ落ち
ナイロンブラシ 傷付く
布ブラシ 傷つかない
スポンジブラシ 傷つかない
ノンブラシ 傷つかない

大手のスタンドでは今現在ほとんどの洗車機がスポンジブラシを採用しています。

布ブラシとスポンジブラシに関しては、車の塗装よりも柔らかい素材でできているので洗車傷が付くことはないでしょう。

タイトルにもある通り、何も知らずにナイロンブラシの洗車機に入ってしまうとそれこそ無残な状態になりかねないので注意が必要です。

ゆーすけ
結論、ノンブラシがあればノンブラシが1番おすすめです!

\ 特典情報あり /

ピカピカレインを洗車機で利用する際の注意点

車の洗車機をご利用する際、必ずやっておかなければいけない事が3つあります。

  1. 必ず全ての窓を閉める
  2. ワックス洗車はしない
  3. 格納できるものは格納する

意外とやってしまいがちなので、詳しく解説していきましょう。

必ず全ての窓を閉める

当たり前の事ですが微妙に開いてたりしても水が入ってきてしまうので、洗車機に通す際は今一度全ての窓が閉まっているか確認しておきましょう。

ゆーすけ
自分は以前少し空いてたまま洗車機に通してしまい偉い目にあいました…。

ワックス洗車はしない

お金を入れたらすぐに洗車が始まるわけではありません。

ここでは初めて車の洗車機をご利用される方の為に、機械の段取りを説明します。

まずはお金(プリペイドカード)を入れると、洗車コースの設定項目を選択することになります。

洗車コースには水洗い洗車・シャンプー洗車・ワックス洗車などなど様々なコースが値段別に用意されています。

ここで注意が必要です。

checkピカピカレインのガラスコーティング車に関しては、ワックス洗車を選んではいけません。

 ワックス洗車すると、ガラス皮膜に傷がついてしまったり変色してしまう恐れがあります。

なのでガラスコーティング車で洗車機を利用する際は、水洗い洗車かシャンプー洗車のどちらかにしておきましょう。

格納できるものは格納する

初めて洗車機を通される方にとっては、最初の設定項目が多いことに驚かれるかもしれません。

洗車コースの選択(↑洗車コースは上記参照)を終えると、装備品の項目を入力します。

ここでは車の外側に装備されている部品について洗車機側に『○○が付いてるから気を付けて』と注意を促すことができます。

 ブラシのある洗車機の場合、長いアンテナなどは破損する恐れがあるので短く格納するか取り外しておく必要があります。

ゆーすけ
洗車機に通す際、サイドミラーはたたんでおこう。

\ レビュー特典あり /

送料も無料

まとめ

結論として、ナイロンブラシ以外の洗車機であればガラスコーティング車でも大丈夫ということでした。

できるのであれば手洗い洗車がベストですが、今の洗車機はひと昔前のような洗車傷になるようなことは滅多にありません。

もしピカピカレインのガラスコーティング車で洗車機を通す際はこの記事を参考にしていただければ幸いです。



3年間耐久!洗車も楽々♪ガラスコーティング剤

おすすめの記事