ピカピカレインのヘッドライト

いざピカピカレインを使って見ると、思いのほかガラスコーティング剤が余ったりしませんか?

どうせなら余ったガラスコーティング剤を無駄なく使い、愛車全体を圧倒的にピカピカにしたいですよね。

checkそこで今回はピカピカレインがヘッドライトにも施工できるのか?

そしてその他にもピカピカレインで施工できる部分、施工できない部分を詳しく紹介していきます。

ゆーすけ
この記事の最後には車以外の物でも実際に自分が施工したものも書いてあるよ。

ピカピカレインはヘッドライトに使えるのか?

ピカピカレインはヘッドライトに施工できるのか

まず結論から言いますと、ピカピカレインはヘッドライトに施工できます。

施工方法に関しては車体を施工する時と同じなので、特別難しいことをする必要はありません。

 ヘッドライトは透明ということもあり、ムラができると目立ってしまいます。

色々な角度からチェックし、ムラができないようにしましょう。

checkヘッドライトにガラスコーティング剤を施工することで、劣化や黄ばみが起こりにくくなります。

ゆーすけ
すでに黄ばんでいる車は新車の時の透明感になることもあるよ。(状態による)

ヘッドライトに施工する際の注意点

ピカピカレインの公式ページにもヘッドライトに施工できると記載されていますが、実は注意点もあります。

公式ページ、他のピカピカレインのサイトを見てもどこにも書かれていなかったのでここでしか言えない注意点を紹介します。

まず結論から言いますと、新車の車にはヘッドライトには塗らない方がいいです。

新車のヘッドライトには紫外線や飛び石による傷を防ぐためのハードコートという透明な塗料が塗られています。

実は人間が使っているメガネにもハードコートが施されています👓

ピカピカレイン含め、市販のガラスコーティング剤やワックスなどは成分の関係上ハードコートを劣化させてしまったり最悪溶かしてしまう恐れがあります。

 ハードコートの耐久性は6ヶ月を過ぎたあたりから薄れてくるので、ヘッドライトに施工する際は新車から6か月間は最低待ちましょう。

ちなにみテールレンズには新車の時からハードコートが表面処理されていないので、ピカピカレインのガラスコーティング剤を施工しても問題はありません。

\ 送料無料 /

※レビューで特典情報アリ

ピカピカレインで施工できる箇所

ピカピカレインでは車体だけに限らず、色々な場所に施工することができます。

車体だけに使っても必ずガラスコーティング剤は余りますので、せっかくなら他の場所にも使えないかな?って思っているのは決して自分だけではないはずです。

ここでは車の車体以外の部分で施工できる場所を紹介していきます。

樹脂パーツ部分

樹脂パーツと言えばエンジンルームや車内にも多く見られる部分になります。

樹脂の素材は年数が経過するとともに、白くボケてきたりヒビ割れが生じてきます。

ピカピカレインのガラスコーティング剤を樹脂パーツに施工すると、施工前よりも断然ツヤツヤになりパーツの色味も深くなります。

ゆーすけ
車のボディに施工する際、ついでに樹脂パーツも一緒にやっておくと効率的だね。

車のホイール部分

ピカピカレインのガラスコーティング剤はホイール部分にも施工可能となっています。

ホイールに施工することによって、泥汚れが施工前とは比較にならないくらい落としやすくなります。

ゆーすけ
特殊なコーティングをされているホイールなどは、目立たない箇所でテストしてからやってね!

車のメッキ部分

ピカピカレインのガラスコーティング剤は、エンブレムやグリル、エアロのメッキ部分にも施工できます。

 メッキは見栄えがいいものの、手入れをしないと白サビや劣化によって剥がれてきてしまいます。

ガラスコーティング剤を施工することによって、メッキの劣化防止になります。

ゆーすけ
ナンバーフレームやナンバープレートにも施工できるので、やっておくと虫の死骸なども落としやすくなるよ。

\ 特典情報あり /

※送料も無料です。

ピカピカレインで施工できない箇所

ここではピカピカレインのガラスコーティング剤で施工できない箇所を紹介します。

施工しない方がいいのではなく、絶対にNGなので間違っても施工しないようにしてくださいね。

万が一、不手際で施工してしまった際の対処方法やこれから施工する人の為に少しでも参考になれば幸いです。

車のゴム部分

ピカピカレインのガラスコーティング剤をゴム部分に施工してしまうと、ゴムがガラスコーティング剤を吸収してしまいます。

車の主なゴムの箇所といえば、窓枠やタイヤ部分となります。

仮にガラスコーティング剤が付着してしまった場合、早急に拭き取りましょう。

 施工する際に不安な方は、ゴムの部分をマスキングテープで貼るとスムースに施工できます。

車のガラス部分

ピカピカレインのガラスコーティング剤は、ガラス部分には施工できません。

ボディにガラスコーティング剤を施工中、万が一付着してしまったらゴムの部分同様早急に拭き取りましょう。

 そのまま放置してしまうと、ガラスコーティング剤が硬化し結晶ができてしまいます。

ゆーすけ
ガラス部分と同じくミラーの施工もNGだよ。

ピカピカレインで施工できるもの(番外編)

車のガラスコーティング剤とはいえ、様々な物に利用できるのも嬉しいポイントです。

普段あなたの身近にある物でよりツヤを出したいものや撥水性を高めたいものでも、上記に掲げた施工できない材質以外であればガラスコーティング剤を使うことができます。

自分が実際に施工した物
  • ノートパソコン
  • バイクのヘルメット
  • 冷風機
  • タブレット

などなど、光沢目当てだけでも充分すぎるくらい艶がでてくるので余って使い道がないと感じたら是非身近にある物をガラスコーティングしてみるもの1つの選択肢と言えるでしょう。

 ガラスコーティングしたら12時間は硬化するまで触れないことも忘れずに。

ゆーすけ
手垢なども落としやすくなるからおすすめだよ。



>>ピカピカレイン公式サイトはこちら

おすすめの記事