ピカピカレインの二度塗り

このページでは、ピカピカレインの二度塗り方法について詳しく解説しています。

1回目のガラスコーティング施工を終え、液剤が思いのほか余ったと感じるのは決してあなただけではありません。

  • ガラスコーティング剤を他の部分にも使えないか?
  • 車体に二度塗りできないか?

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は余った液剤で二度塗りする方法をご紹介します。

他の部分にも施工したいという方は、以下のリンクより詳しく書いてありますのでそちらをご参照ください。

➡ピカピカレインの施工できる場所・できない場所はこちら(作成中)

ピカピカレインの二度塗り方法

ピカピカレインの二度塗りには、1回目に施工した時よりも注意点があるのでしっかり確認しておきましょう。

1度目のガラスコーティング施工

まずは1度目のガラスコーティング施工を行います。

ピカピカレインの施工方法については以下のリンクより詳しく解説しています。

➡ピカピカレインの施工方法(作成中)

冷暗所で保管

一度目のガラスコーティング施工後、しっかり液剤の瓶のフタを固く閉めてください。

液剤の瓶は冷暗所で保管しておきましょう。

 車の中に保管する人もネットで多く見受けられましたが、車内は人の乗り降りやエアコンの利用で温度が一定ではないのでオススメできません。

ゆーすけ
家の冷蔵庫で保管してあげるのが無難だね。

ピカピカレインの保管方法については以下のリンクより詳しく解説しています。

➡ピカピカレインの保管方法はこちら(作成中)

次回施工する日を確保する

二度塗りするのは完全硬化してからが絶対条件となります。

一度ガラスコーティング剤を開封しますとキャップを閉め切った状態でも硬化が進んでいきます。

check2度塗りの施工は、1度目の施工から2~3週間以内に施工を行いましょう。

 

~~2週間経過~~

(この期間中はメンテナンス剤は使わないでください。)

液剤をチェックする

二度塗りをする際、冷暗で保管していた液剤を必ずチェックしましょう。

 硬化が進んだ状態で二度塗りをしてしまうと、車体が傷だらけになってしまいます。

1の粉や破片が付着していても、液剤が白くなっていなければ二度塗りすることは可能です。

その時はしっかりと瓶の口についた粉や破片を取りましょう。

逆に1の付着していないケースでも2の液剤が白く濁っていましたら、使用するのは控えてください。

シャンプー洗車

ここからは1回目と同じ流れになります。

この時にお車が過度に汚れていましたら、シャンプー洗車後にピカピカレイン脱脂剤を使い脱脂を行いましょう。

➡ピカピカレイン脱脂剤の使い方はこちらから(作成中)

洗車する際、必ずマイクロファイバークロスを使ってください。

 コーティング車専用のスポンジもありますが、スポンジを使うとガラスコーティングの被膜に傷がつく可能性があります。

完全硬化

二度塗りを終えて2週間後、2度目のガラスコーティングが完全硬化となります。

ここから先はしばらくノーワックスでメンテナンス剤(ナノピカピカレイン)でたまにメンテナンスをしてあげてください。

➡ナノピカピカレインの使い方はこちら(作成中)

\ レビューでプレゼントあり /

送料も全て無料

まとめ

この記事ではピカピカレインの二度塗りの方法について解説しました。

check1度利用したマイクロファイバークロスや施工時に使うスポンジは再利用はできません。

ゆーすけ
予備のクロスやスポンジがないからといって再利用すると傷がつく恐れがあるよ。

そんな方にはマイクロファイバークロスとスポンジのセットも公式サイトからリリースされているので、是非検討してみてくださいね。

>>3年間耐久!洗車も楽々♪ガラスコーティング剤はこちらから

おすすめの記事