ピカピカレインの保存は○○がもっとも最適!保管すべき場所とは

ピカピカレインを開封し、1度目の施工を終えてそのまま車の中に放置してたりしませんか?

それ、かなりヤバいです。

車の中はもちろんですが、家の中の常温の場所で保存しているとガラスコーティングはあっという間に硬化してしまいます。

 暑い時期や暖房が効いている部屋に置いてると、最悪2度塗りできない状態になってしまいます。

今回はピカピカレインの保存方法について詳しく紹介します。

もし今誤った方法で保存していましたら、すぐに最適な保管場所に移してくださいね。

ピカピカレインの保存方法

まず結論から言いますと、ピカピカレインのガラスコーティング剤に最も適した保管方法は冷蔵庫になります。

常に一定の温度で普段は暗い場所と言えば、家にある冷蔵庫が最も最適ですよね。

しかし冷蔵庫に保存しておくにも注意点が3つほどあります。

保存に関する注意点
  1. できれば野菜室で保管
  2. 液剤と瓶のフタをチェックする
  3. 長くても保存は1ヶ月

これらについて更に詳しく解説していきます。

できれば野菜室で保管

冷蔵庫に野菜室のスペースがある物に関しては野菜室がもっとも最適な温度で保存できます。

もちろん冷蔵庫と冷凍庫しかない物も沢山ありますが、冷蔵庫でも全然大丈夫です。

 必ず液剤のフタを固く閉めて空気に触れないようにしてください。

ゆーすけ
フタの閉めが緩かったりすると、冷蔵庫の中でも硬化がどんどん進んでいっちゃうよ。

瓶のフタ部分と中の液剤をチェックする

2度塗りができるようになるのが最短でも2週間後。

➡ピカピカレインの2度塗り方法はこちら

2週間経過後に、冷蔵庫の中で保管している液剤を確認してください。

チェックする箇所
  • 液剤のフタを外して口の部分に結晶がついてないか
  • 中の液剤が白く濁ってないか

この2つは必ずチェックしてください。

もし液剤が白く濁っていたらその時点でアウトです。

液剤は白く濁ってないけどフタの部分に結晶が付いていた場合は、マイクロファイバークロスで綺麗に拭き取ってあげれば再利用できます。

 濁った状態やフタの部分に結晶がついたまま使うと、車のガラス皮膜に傷をつけてしまいます。

保存は長くても1ヶ月が限度

冷蔵庫での保存はあくまでも硬化を遅らせるためのものであり、決して硬化させるのを食い止めてるわけでありません。

1度開封した時点で、ガラスコーティング剤は硬化が進んでいくことを忘れないでくださいね。

check冷蔵庫に保存できる期間は長くて1ヶ月です。

 フタを開けたまま放置してしまうと、光の速さで硬化が進んでいってしまうので要注意です。

ゆーすけ
水分の付着にも注意してね。

\ 特典あり /

※全品送料無料

まとめ

今回はガラスコーティング剤の保管方法について紹介しました。

保管するのは簡単なことですが、注意点をしっかり頭に入れていただければと思います。

 2度塗りは1度目の施工から2週間~1ヶ月以内に行いましょう。

ゆーすけ
1度目に施工した時からスケジュールの管理しておくと良いかもね。




>>愛車に至高の艶を─。完全硬化型ガラスコーティング剤はこちらから

おすすめの記事